人気ブログランキング |

まるさん徒歩PHOTO 4:SLやまぐち号・山風景など…。 (2018.10.9~)

marusan004.exblog.jp
ブログトップ
2019年 08月 23日

周辺便利天気


お盆の台風後天気が良くなると思ってましたが、曇天が続きます。

遠征を考えてましたが雷雨やホワイトアウトな信州の山なんて行く気にならない。

でも訓練はしておかないと…。
翌日朝に雨はなさそうと近場牛田山をと考えておりましたが、朝起きてみると湿度が90%もある天気。

お盆前にそんな天気で15Kg担いで牛田山歩きましたが、ずぶ濡れ状態の汗で身体のダメージは信州で歩いた以上。
ザックを軽くして歩いても歩荷訓練にはならず。最近の夏は里山歩きできる状態じゃ無いですね。

仕方ないのでザック持ってフィットネスへ。


ところで山歩きでは天気が気になります。
途中、気象庁のHPを見たり、他のサイトを見たりしながら。

そんな歩きでスマホ用の便利なアプリを見つけました。

周辺便利天気というアプリ。
画面で6つの画面を出し、必要な画面を1画面に切替できます。
表示できるのは気象庁や国交省などサイト。

よく見るサイト、今後の雨(降水短時間予報)や高解像度降水ナウキャスト、レーダー・ナウキャスト(雷)などを登録しました。




b0393210_08515514.jpg




# by marusan004 | 2019-08-23 21:00 | Comments(0)
2019年 08月 21日

木曽の御嶽山山頂まで歩く:その4 復路歩き(2019/08/02.03)


木曽の御嶽山の最後の書き込みです。

最近は歩く時はGoProでビデオ撮影と、ビデオから静止画(写真)切取りも兼ねています。結構これが使える!

ただ今回GoProがフリーズしてしまいやむなくバッテリーを抜き差しし電源を入れるとデータが全て飛んでしまいました(;_;)
ネットでは4Kでは熱暴走すると書かれてましたが、原因はそれかと。
知ってはいましたがなるべくいい画像を撮りたい。スマートフォン普及で売れなくなったカメラやビデオですが、現在も進歩はすごく今まで撮れなかったシーンが撮れるのはスマートフォンでは得られない魅力。
でも4kビデオとか、まだまだ今からですね。これからに期待してます。

本題です^^;

今日も昼から雷雨もあるかもしれない、山の上で逃げ場も無いところで雷雨なんてまっぴらごめん。
最高峰剣ヶ峰をチェックしながら風景や花を撮影し二ノ池山荘へ戻り。予定の歩きは出来ましたし曇り模様となってきたので早めに下山しました。
下山は土曜日、たくさんの登山者・修験ツアーの方とすれ違いました。数百人?
ロープウェイを降りバス待ちしてると雷がなりロープウェイを停止するとアナウンス。その後豪雨となりバスが止まるのでは無いかと思うほど。すれ違った人の中には、どう見ても雨対策など出来てない感じの人も多く雷雨で大丈夫だったのでしょうか。富士山の時にも感じましたが、地元の危機管理って大丈夫???

そんな心配もしながら二ノ池山荘で同室となった人などとバス・電車で一緒になり。情報交換しながら帰りました。

木曽の御嶽山。大変魅力ある山と感じました。噴火情報などチェックされ皆さんも行かれることをお勧めします。必ず噴火情報チェックしてください!
現時点、山頂まで歩ける登山ルートは黒沢口ルートのみで2019年は7/1~10/16です。



b0393210_05114079.jpg
青空を入れて!
継子岳山頂裏側にたくさんのコマクサが咲いてました。
やはり最盛期は過ぎていて花が傷ついたのもありべっぴんさんを探しました。




b0393210_05114450.jpg
ネット情報通りコマクサはたくさん咲いてました。
乗鞍岳よりも色が薄く私は御岳山系の方が好み。ただ花株は小さいのが多かったです。噴火の影響でしょうか?



b0393210_05114838.jpg
継子岳手前。空に突き出た岩が多くお墓のよう。



b0393210_05115113.jpg
剣ヶ峰にガスがかかり始めました。
午後から風景など望めそうに無いなぁ~!



b0393210_05121280.jpg
五の池小屋手前まで戻ってきました。
コマクサの群生を撮影。噴火も収まりこれからもっと咲いてくれるといいですね。



b0393210_05121560.jpg
行きはショートカットしたので帰りは摩利支天山の峰を越えました。
五の池・五の池小屋そして継子岳を望む。


b0393210_05121834.jpg
ミヤマダイコンソウがたくさん咲いてます。



b0393210_05122168.jpg
摩利支天山への登りはこんな岩稜歩きです。
常念岳からの下りで難儀したのを思い出しながら…。



b0393210_05122600.jpg
摩利支天山への登りから三ノ池を望む。



b0393210_05122947.jpg
五の池・継子岳とお別れです。



b0393210_05123202.jpg
イワギキョウが咲いてます。
痛んでないのを見つけて!



b0393210_05123630.jpg
サイノ河原への下りから御嶽山主峰を望む。



b0393210_05124081.jpg
サイノ河原から二ノ池ヒュッテ(右)や二ノ池山荘(左)
二ノ池山荘まで登り、左へ進むと黒沢口ルート。



b0393210_05124495.jpg
黒沢口ルート9合目石室小屋付近。
たくさんの登山客です。
昼から雷雨も予想されてるけど大丈夫?



b0393210_05124714.jpg
御嶽山中社と女人堂。
女人堂でラムネを買って飲みました。



b0393210_05125026.jpg
御嶽山中社上。
バス車中でもたくさんの石碑を見ました。
歴史ある信仰の山と改めて感じました。






# by marusan004 | 2019-08-21 21:00 | Comments(0)
2019年 08月 19日

木曽の御嶽山山頂まで歩く:その3 継子岳へ(2019/08/02.03)


御来光を仰ぎ。小屋へ戻り朝食。
小屋の人に聞くと、今日も昼から降りそうだとのこと。

早めに出て継子岳(ままこだけ)まで歩き、コマクサを撮影しなければ!



b0393210_16245571.jpg
朝の二ノ池。



b0393210_16245957.jpg
今年再建されたばかりの二ノ池山荘。
部屋も綺麗で、小屋の人も大変親切でした。機会があればまた是非!



b0393210_16250281.jpg
三ノ池と継子岳。



b0393210_16250554.jpg
振り返り見ると中央アルプスが雲の上に浮かんでいた。
今のところ天気はバッチリ!



b0393210_16250962.jpg
サイノ河原と剣ヶ峰方面を振り返り見る。



b0393210_16251204.jpg
ヨツバシオガマでしょうか。
二ノ池からは摩利支天山まで歩き、そこから継子岳へがいいのでしょうが、昼からの天気が心配。
摩利支天山は帰りに可能であれば!にして、サイノ河原からトラバース気味に五の池小屋へのルートを歩く。



b0393210_16251589.jpg
これはアキノキリンソウっていう花かな?



b0393210_16251815.jpg



b0393210_16252160.jpg
これはハクサンイチゲかな?



b0393210_16252406.jpg
五の池小屋。この小屋はTVに出たようで人気の小屋らしい。
昨日登りでお会いした山ガール4組もここに泊まると言っていた。



b0393210_16252772.jpg
五の池小屋から継子岳へと少し歩くとロープが張られコマクサが咲いてました。
帰りも撮すこととし手短に撮影後、継子岳へ。



b0393210_16253165.jpg
五の池小屋-継子岳間からの四ノ池。



b0393210_16253461.jpg
剣ヶ峰にガスがかかりだした。



b0393210_16253764.jpg
継子岳山頂到着です。






# by marusan004 | 2019-08-19 21:00 | Comments(0)
2019年 08月 17日

木曽の御嶽山山頂まで歩く:その2 御来光(2019/08/02.03)


現時点、山頂剣ヶ峰に一番近い山小屋は二ノ池山荘で、今年再建されたとのこと。

綺麗な山小屋はやはり気持ちよく魅力的だ。ということで二ノ池山荘へ泊まった。
工事関係者10名ほど、登山者10名ほどであった。部屋は孤高の人4名で布団はダウン、ゆっくり泊まることが出来た。

※泊まった山小屋で一番綺麗と感じたのは雲ノ平山荘で、南アルプス大門沢小屋は相当古かった。

b0393210_14020706.jpg
ダウンの布団にゆっくり足を伸ばして寝ることが出来ました。

昨日の雨から御来光は多分ダメだろうと思っていたが、夜中に外へ出てみると満天の星空。4時に目覚ましをセット。



b0393210_13592395.jpg
小屋を出るとだいぶ明るくなり快晴の青空のようだ。

出かけようとしてる人と2人で山頂へ歩く。



b0393210_13592783.jpg
夜明け前、山肌もだいぶ赤くなってきた。



b0393210_13593179.jpg
夜明け前の御岳神社奥社。



b0393210_13593552.jpg
日が昇る東側は結構雲に覆われている。
御来光はだめかも知れない?

山頂に居る人2人でそんな話をしながら待つ。



b0393210_13593961.jpg
不安だった御来光だが、薄い雲でコントラストも少なく御来光が見えてきました。



b0393210_13594274.jpg
なかなか良い感じ。

御嶽山剣ヶ峰山頂からたった2人で堪能。



b0393210_13594500.jpg
雲で模様が出来たりでいろいろ変化する。



b0393210_13594880.jpg
なかなかよい御来光となりました。

私には昨年の大日小屋からの剱岳御来光以来。



b0393210_13595240.jpg
薄らと山の稜線が見える。
中央アルプス・南アルプスそして富士山方面のようだ。霞があり個々の山などは分かりません。



b0393210_13595573.jpg
薄い青と言えばいいのか二ノ池と、これから歩く継子岳にガスがかかり朝日でオレンジ色だ。



b0393210_13595895.jpg
日が昇り中央アルプス方面稜線がより見えてきた。
山名を確認できるほどにはなりませんでした。









# by marusan004 | 2019-08-17 21:00 | Comments(0)
2019年 08月 15日

木曽の御嶽山山頂まで歩く:その1 黒沢口登山道(2019/08/02.03)


4年前、木曽の御嶽山が爆発し犠牲者58名、行方不明者5名の大惨事となりました。
その後、長く頂上までは登山禁止でしたが今年(2019)7/1~10/16まで黒沢口ルートのみ山頂まで行けるようになりました。

今年は梅雨明けが遅く、その後も午後から雷雨の毎日と安定した日が続きません。予報はイマイチでしたが頂上まで歩けるようになった御嶽山へ行くことにしました。
黒沢口ルートは御岳ロープウェイ2,150mの飯盛高原駅から高低差約900mで3,067m剣ヶ峰山頂までのルート。

新幹線始発に乗り名古屋駅からワイドビューしなので木曽福島駅。そこからおんたけ交通バス御岳ロープウェイ線。御岳ロープウェイに乗り飯盛高原駅着。
しばらく横道を歩きいよいよ黒沢登山口へ取り付きました。
最初はゆるい坂道でしたが、途中からはキツい坂となりほぼ山頂まで直登。
9合目石室山荘下からポツポツと雨が降り出し、石室小屋で雨宿り。雷も鳴り雨脚も強い中を1時間待機。小雨となったのでレインウエア上のみ着て頂上剣ヶ峰へ。

頂上剣ヶ峰近くになると森林限界を超え草花もほとんど咲いてなくロープが張られた登山道を登りました。
山頂直下には避難用シェルタそして記念碑がある。黙祷をし階段を登ると山小屋・神社の修復中でした。

小雨の中、山頂からの風景を眺め宿泊地二ノ池山荘へと降りました。

※写真の一部をGoProビデオから切り抜きを考えてましたが、4Kでたびたび撮ったからか途中でフリーズしてしまい。データが全て飛んでしまいました。




b0393210_08553893.jpg
御岳ロープウェイ車内より。



b0393210_08554110.jpg
ロープウエイ降りたところから山頂付近。
ガスがかかり始めてます。こりゃ~降るな!




b0393210_08554407.jpg
御岳神社中社より山頂付近を望む。

途中降りてくる人はレインウェア着てるので聞くと結構降られたと。

やれやれ急登登りでのレインウェアは着たくないが…。



b0393210_08554602.jpg
9合目石室小屋下まで登ってくるとポツポツ雨が降り出しました。
何とか小屋まで大降りにならないよに!と足を速め石室小屋着。

約1時間雨宿り。途中、雨脚が強くなり雷もなったり。
少し上から二ノ池山荘へ降りてもいいが、できれば今日中に山頂へ行っておきたい。



b0393210_08554933.jpg
9合目上、二ノ池山荘分岐上。
左が山頂でしょう。



b0393210_08555189.jpg
別ルートにも山小屋らしきものが見えます。まだ規制解除になってないルートでしょうか。



b0393210_08555448.jpg
剣ヶ峰山頂下。
山小屋・神社は修復工事中です。



b0393210_08555858.jpg
大きな噴火口が見えます。
ここが噴火したところではないようですが。




b0393210_08560078.jpg
二ノ池と二ノ池山荘、摩利支天山、継子岳(ままこだけ)が見えました。



b0393210_08560304.jpg
山頂からの工事現場。山小屋があったところでしょうか?



b0393210_08560661.jpg
火山らしい風景が広がります。



b0393210_08560921.jpg
御岳神社奥社。
まだ修復中です。

b0393210_08561294.jpg
慰霊碑と奥の避難シェルタ。



b0393210_08561648.jpg
二ノ池。湖底に硫黄?が溜まってるのか九寨溝を思い出すすてきな色です。何色といえばいいのでしょう?





# by marusan004 | 2019-08-15 21:00 | Comments(0)
2019年 08月 13日

[YouTube]乗鞍岳を歩く(2017/07/26.27)


乗鞍岳の歩きをYouTubeへアップしました。

時間のある時にでも観て下さいm(_ _)m





# by marusan004 | 2019-08-13 21:00 | Comments(0)
2019年 08月 11日

[YouTube]西穂高岳を歩く(2017/07/24-26)



西穂高岳歩きをYouTubeへアップしました。

時間のある時にでも観て下さいm(_ _)m





# by marusan004 | 2019-08-11 21:00 | Comments(0)
2019年 08月 09日

西穂高岳・乗鞍岳を歩く:乗鞍岳その2(2019/07/24-27)


最終日、台風が今日にでも上陸すると…。

従兄弟は仕事もあり帰れなくなっては大変と、早めに帰ることを決断。

何も言わず朝食食べずに帰ると片付けとか小屋も困ると思い、朝食食べずに帰りますと伝えると朝食代1,000円返してくれました。
準備していたでしょうに申し訳ない。


b0393210_21591470.jpg
夜明け頃、風が強く微妙なご来光でした。



b0393210_21591925.jpg
時々ガスは晴れますが、風は強く新幹線が止まらない内に帰らなくては。



b0393210_21592195.jpg
小屋出発前。


b0393210_21592475.jpg
帰る準備をしてると晴れたりはしますが…。


b0393210_21592794.jpg


b0393210_21593069.jpg
快晴の剣ヶ峰を見ながら肩ノ小屋を出発。



b0393210_21593589.jpg
何か帰るのもったいないなぁ~!


b0393210_21593945.jpg
視界も良く、富士見岳には登山者がいます。
あそこまで登れば絶景がと思いますが、今回は帰るの優先です。


b0393210_21594258.jpg
風の無い時にこの風景撮影したかった。



b0393210_21594514.jpg
畳平まで降りると北アルプスが見えてきました。
右から前穂高岳・奥穂高岳から続く大キレットそして槍ヶ岳などが見えます。

台風前の一時の絶景。これを見れたのも台風のおかげ。きっとラッキーなんでしょう。

高山からのワイドビューひだ乗車中に雨が降り出し強くなりました。

半日早い下山でしたが、有意義な山歩きでした(^_^)/





# by marusan004 | 2019-08-09 21:00 | Comments(2)
2019年 08月 07日

西穂高岳・乗鞍岳を歩く:乗鞍岳その1(2019/07/24-27)

乗鞍山頂(畳平)バスターミナル到着後お花畑を散策し、肩ノ小屋へ入り、ザックを置き山頂往復しました。




b0393210_18543326.jpg
バスターミナルからお花畑は下にありました。
バスを降りてお花畑へ降りて行く…。少し変な感じ^^;
※GoProビデオSnapShot



b0393210_18543787.jpg
お花畑からバスターミナルがある畳平。
※GoProビデオSnapShot



b0393210_18544007.jpg
肩の小屋へのルート上からのお花畑。



b0393210_18544382.jpg
不消(きえず)ヶ池だそうです。
※GoProビデオSnapShot



b0393210_18545698.jpg
池へ雪渓が落ち込みエメラルドグリーン色が綺麗でした。



b0393210_18550063.jpg
雪渓で夏スキーやってます。



b0393210_18550310.jpg
肩ノ小屋が近くなるとガスがかかってきました。
どうも台風が生まれ明日日本へ接近と。
出かける前に天気予報はかなりチェックしてますが…。

聞いてないよぉ~!
※GoProビデオSnapShot



b0393210_18550509.jpg
肩ノ小屋と、東大乗鞍宇宙線研究所。



b0393210_18550819.jpg
肩ノ小屋は思いの外大きな山小屋でした。
バスが2,700mまで来るようになって宿泊者は少ない感じしましたが、昔はかなり賑わっていたことでしょう。
※GoProビデオSnapShot



b0393210_18551249.jpg
部屋です。今日は1組3人でゆっくり。
※GoProビデオSnapShot


b0393210_18551555.jpg
明日は台風接近も予想され、今日の内にと山頂まで出かけました。
※GoProビデオSnapShot



b0393210_18551929.jpg
剣ヶ峰山頂へのルートから肩ノ小屋(右下)・東大乗鞍宇宙線研究所(左)・コロナ観測所(上)。
※GoProビデオSnapShot



b0393210_18552274.jpg
頂上小屋下。
※GoProビデオSnapShot



b0393210_18552415.jpg
頂上小屋。
頂上小屋は泊まれないようですが売店があるようです。



b0393210_18552788.jpg
山頂直下。
※GoProビデオSnapShot



b0393210_18552960.jpg
山頂へ到着。
※GoProビデオSnapShot



b0393210_18553262.jpg
三角点がありました。



b0393210_18553407.jpg
周囲はガスってて見えないが何とか頂上着いた証に撮すしか^^;




b0393210_18553710.jpg
乗鞍本宮がありました。


…。

以後は肩ノ小屋までの道中撮影した花たちです。


b0393210_18570662.jpg
バスターミナル内に現在咲いてる高山植物の名前が書いてありました。



b0393210_18571156.jpg
クロユリ。



b0393210_18571416.jpg
クロユリは初めての撮影です(^_^)/

思ってたより小さく、真っ黒ではないのですね。



b0393210_18571783.jpg
イワギキョウ。

b0393210_18572030.jpg


b0393210_18572442.jpg
コイワカガミ。イワカガミは広島でも見ますが…。



b0393210_18572864.jpg
ヨツバシオガマかな。



b0393210_18573752.jpg


b0393210_18574187.jpg
ヨツバシオガマ・イワツメグサですかね。



b0393210_18574462.jpg
これはミヤマキンバイかな。



b0393210_18574707.jpg
これはハクサンイチゲかな。

ほとんどカンニングしてますが、それでも自信が無い^^;



b0393210_18575056.jpg
歩道へたくさんの人がある一点を見てます。
何だろうと行ってみるとライチョウが、近くにヒナがいるようで周りを監視してるようです。

人が多かったので近づいてはくれませんでした。



b0393210_18575382.jpg
コマクサ。これは私でも分かります。



b0393210_18575790.jpg
八ヶ岳や白馬で見たコマクサより色が濃いく感じました。

最盛期を過ぎているからなのかも?



b0393210_18580075.jpg
ネットで調べてヤマガラシかな?



b0393210_18580497.jpg


b0393210_18580718.jpg
イワヒバリの幼鳥かな?

以上。間違っていましたらごめんなさい^^;






# by marusan004 | 2019-08-07 21:00 | Comments(0)
2019年 08月 05日

西穂高岳・乗鞍岳を歩く:西穂高岳その3(2019/07/24-27)


西穂高岳3日目。当日は乗鞍岳肩の小屋へ移動です。

朝起きると、今日もまあまあの天気。

西穂山荘は連泊でも荷物を出し、部屋が変わります。2泊目は焼岳・乗鞍岳が見える部屋でしたが、笠ヶ岳は見えない部屋。
厚かましい私は、見えるだろうと思える隣の部屋をノックし「笠ヶ岳の撮影をしたいのですが、よろしければ入らせてください」

快諾され撮影が出来ました。

朝食後、来る時はゆっくり撮影も出来なかったのでのんびり下山し乗鞍岳へ移動しました。
新穂高ロープウェイ乗り継ぎ駅に新穂高ビジターセンターがあり山楽館内露天風呂神宝乃湯で入浴しました。石鹸は使えず露天風呂だけの温泉で600円だったと。
乗鞍岳は新穂高ロープウエイBSから平湯温泉からほうのき平経由で、乗鞍山頂(畳平)下車です。ちなみにバス停名は乗鞍岳山頂とありますが山頂ではありません。誤解するバス停名です。



b0393210_09042329.jpg
前日よりきれいな笠ヶ岳となりました。
少し赤くなりましたがモルゲンロートと言うほどにはなりませんでしたが。



b0393210_09042690.jpg
前日は見えなかった焼岳(手前)と今日行く乗鞍岳が雲海に浮かんでます。



b0393210_09042888.jpg
雲海が増えてきました。



b0393210_09043199.jpg
雲海が流れ山を覆うように。雲海の流れはビデオでも撮影(^_^)/



b0393210_09043466.jpg
西穂山荘-ロープウェイ山頂駅間。



b0393210_09043602.jpg
何カ所か笠ヶ岳が見えました。



b0393210_09044321.jpg
これはマイズルソウですか?



b0393210_09044722.jpg
ゴゼンタチバナ



b0393210_09045080.jpg
ツマトリソウですか?



b0393210_09045304.jpg
キノコが可愛かった。



b0393210_09045659.jpg
単体のギンレイソウは初めて見ました。
全体像が分かります。


b0393210_09045915.jpg
キヌガサソウが実を付け始めてました。





b0393210_09050318.jpg




# by marusan004 | 2019-08-05 21:00 | Comments(0)